祭のあと・・・

今日は朝から集合してコンテナに積み込みも完了し、あとは日本で艇を受け取るだけとなりました。
作業が終了したところに、今回の大会で優勝したChris Dance & Peter Hackettチームが日本のコンテナに現れました。

With チャンピオン

是非、次回日本のワールドにも来たいし、特にヘルムのChrisはプレワールドにも是非来たい!とのこと。
そしてプレワールドではクルーも募集したいという話でしたので、ワールドチャンピオンとレースに出られるチャンスが日本人の誰かに!!

海外ワールドに来てレガッタが終わると毎回思うのですが、もっと練習してもっと速くなりたい!とやはり今回も思いました。
それぞれのチームがそれぞれに悔しい思いをしたり、打ちのめされたりしながらも、何かを見つけ、そして2年後に向けて意欲が高まったと思います。

今回のワールドには行かれなかったけれど海外遠征・海外レースに参加したいという方、ワールドで物足りなかった方、今年の9月末~10月頭にかけてTownsville, Queenslandで全豪選手権が開催されるとのことです。オーストラリアの中でも日本に近い場所ですし、ローカルなレースを体験出来るのではないかと思います。(チャーター艇の有無などの情報はありませんが・・・)

今回のワールド開催地は元々テーザーの活動があった場所ではなく、今回のレガッタに向けてテーザー活動が始まったヨットクラブとのこと、またオーストラリアの中でも離れているエリアでの大会でした。次回の蒲郡ワールドも現在はフリートが無いエリアですが、今回大会123艇が集まったことは次大会を盛り上げる励みになりました。

最後に、日本チーム集合写真(数名いませんが悪しからず)でこのレポート最終回としたいと思います。

image-10-01-15-06-27

image-10-01-15-06-27-1

One thought on “祭のあと・・・

  1. より:

    皆さんへ

    クリス・ダンスです。投稿で私を取り上げてくれてありがとうございます。
    片言の日本語でしたけど、コンテナで皆さんにお会いできて光栄でした。

    日本からのレガッタレポート、興味深く読ませて頂きましたよ。
    サメが現れたのは日本とは大きく違いますよね。

    私は仕事で日本を訪れることがあるので、日本で開催されるプレワールド、あるいはその他のテーザーイベントと絡めて日本に“出張”したいですね。

    ワールドチャンピオンシップが日本で開催されるのは、フリートを造る絶好の機会でしょう。テーザー選手権は、競技と人々との交流をうまく融合せています。とってもユニークですよね。テーザーレガッタには皆さんが楽しめる何かがきっとあります。セイリングはもちろんのこと、サメ、あるいはビールとか自転車とか (^_^) <— Japanese smiley face 🙂

    オーストラリアでは、テーザーのプロモーションポスターがこのセイリングと楽しみをミックスしたイベントに興味を湧かせています。広告がうまく機能していますね。日本にも、新しいフリートがたくさん造られることを願っています。そのためにも一生懸命活動しましょう! 次のチャンピオンシップに200艇ものヨットが集まれば素晴らしいですよね 🙂

    次のチャンピオンシップでより多くの仲間に会えることを楽しみにしています。
    テーザー、オーストラリアでのセイリング、その他何についてでも構いません、もし何か聞きたいことがあればどうぞ気軽に chirs.dance@papercut. com までメールしてください。

    皆さんが良い風を捕まえることを願っています!

    それでは

    クリス

Chris Dance にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)